AGESTって副作用はあるの?

AGESTって副作用はあるの?妊娠しても使用していいの?

 

女性のエイジングケアとして効果が期待できるAGESTです。

 

無添加で安心とされているAGESTのサプリメントと、ステムエッセンスですが、副作用はあるのでしょうか?

 

妊娠している女性も、美容は我慢したくないけど、サプリメントや美容液には気を使いますよね。

 

 

 

エイジストプラセンタサプリメントはアレルギー・副作用はないの?

 

 

プラセンタサプリの成分には毒性や刺激のある成分は入っていないとされています。

 

しかし、サメ軟骨エキスや、アムラ果汁などが入っています。

 

もともとアレルギー体質のかたは、これらにアレルギー反応が出てしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 

心配な方は1粒から飲み始めて異常がないか確認してください。

 

副作用に関してですが、公式サイトではないと記載されています。

 

口コミを見てもその報告はみられませんでしたので、副作用に関しては心配なさそうですね。

 

サプリメントや、美容液を使用するにあたっては、使い方を守って使用すると効果が期待できます。

 

<エイジスト馬プラセンタの全成分>
馬プラセンタエキス末、サメ軟骨エキス末(サメ軟骨、デキストリン)、コラー ゲンペプチド、ムコ多糖タンパク複合体(デルマタン硫酸含有)、アムラエキス末、亜鉛含有酵母、ヒアルロン酸、ガラクトオリゴ糖液糖粉末/グリシン、結晶セルロース、V.C、L-プロリン、L-グルタミン、ステアリン酸Ca、パントテン酸Ca、L-シスチン、V.B1、V.B2、V.B6、セラック、葉酸、カルナウバロウ、V.B12

 

 

エイジストステムエッセンスはアレルギー・副作用はないの?

 

 

エイジストステムエッセンスは、色々な肌のタイプにアレルギーテストを実施しています。

 

そしてどんな方にもアレルギーが出ないように作られています。

 

しかし、アレルギーが出てしまったという方もいらっしゃるようなので、アレルギーの症状が出た方は、使用はやめてください。

 

 

危険な成分はなく安全性は高い

 

エイジスとステムエッセンスは、天然由来成分のものが多く、安全性は高いです。

 

<エイジストステムエッセンスの全成分>
水、グリセリン、エチルヘキサン酸セチル、BG、マルチトール、PEG−40水添ヒマシ油、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、アルガニアスピノサカルス培養エキス、カミツレ花エキス、バクチオール、プラセンタエキス、グルコシルセラミド、プランクトンエキス、レモングラス葉/茎エキス、ビワ葉エキス、加水分解コラーゲン、ノバラ油、加水分解シロバナルーピンタンパク、トコフェロール、トレハロース、ジグリセリン、カプリル酸グリセリル、トリエチルヘキサノイン、ミリスチン酸ポリグリセリル−10、レシチン、乳酸、α−グルカン、PEG−20、PEG−60水添ヒマシ油、イソマルト、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル−10、DPG、カルボマー、水酸化K、安息香酸Na、フェノキシエタノール

 

保管方法や使用期限は公式で推奨されている

 

プラセンタサプリと、ステムエッセンスともに安全性は高いですが、保存方法を間違えると品質が低下して効果が薄れる可能性があります。
なるべく急激な温度変化のない場所で保管する事を推奨しています。

 

未開封であれば製造から2年間、使用が可能です。
しかし、未開封でも温度差の激しい夏、日の当たりやすい場所に保管してしまうと、肌に影響がでてしまうかもしれません。

 

公式では開封後はできるだけ早く使用していただくことを推奨しています。

 

妊娠中・授乳中も問題なく使用していただけます。

AGESTのプラセンタサプリや、プラセンタサプリなどの成分の安全性は確認済みです。

 

そのため妊娠中や授乳中も飲むことは可能です。

 

心配なかたはお医者さんに相談してから服用されるといいでしょう。

page top